日本国内の経済成長と不動産の動向

不動産

日本国内の経済成長と不動産の動向

最近不動産関係の話題では、不動産投資信託のREITの価格が下がってきています。
政府の政策のの影響もありますが、人気が下がってきているのは、非常に心配なところです。
優良物件を集めたものがリートの銘柄なので、それがだらだらと下がっているのは、あまり良い感じはしません。
世界経済や日本経済の影響を大きく受ける不動産市場なので、景気が今以上に良くなり、右肩上がりのトレンドにならないと、全体的な不動産物件の上昇も見込めないということになります。
景気が良くなり、収入が右肩上がりに増えると考えるので、高額な不動産物件も購入しようと考えます。
ですので、日本全体の景気が上向かないと、だらだらと今の状態が続くという可能性も高くなります。
また、中古物件が増え続けているということも大きな問題になってきます。
将来的に少子高齢化で、購入者が減っていくのですから、これからマイホームを購入する場合も、将来をよく見定めて購入する必要があります。