住宅を建てるつもりで買ったのに建てられない

不動産

住宅を建てるつもりで買ったのに建てられない

都市部等では、都市計画道路が予定されることがあります。
古くからある住宅地の場合、道路が狭い場合があります。
その他渋滞の問題などを解消するため、道路が計画される場合があります。
場合によっては、道路を建設する側から土地の買取などを要求されることもあります。
その他、今の住宅は住み続けられるが建て替えができないなどがあります。
住宅を建てるつもりで土地を買ったが、その土地が都市計画道路の予定地の場合はどうなるかです。
元々住宅が建っていたとしても、そこには住宅を建てることができません。
ですから、建てる目的は達成できません。
この時、購入時に重要事項説明を受けていたかどうかになります。
もし宅建業者から説明を受けていないときは説明義務違反となります。
住宅を建てるつもりだったのに建てられない場合は、隠れた瑕疵があるとされ、宅建業者は説明が必要です。
目的が達成できない場合には、契約を解除することができるので、その内容を確認するようにしましょう。