位置指定道路に面する土地に建つ住宅の注意

不動産

位置指定道路に面する土地に建つ住宅の注意

道路には、公道と私道があります。
公道は、国や地方公共団体が管理する道路で、所有者はいません。
私道は、所有者が存在する道路になります。
一般的には、私道は所有者の住宅周辺などに設定されていますが、場合によっては、私道にしか設置していない住宅用の土地が存在します。
この道路を位置指定道路と呼ぶ場合があります。
位置指定道路は、私道の中でも特定行政庁から位置の指定を受けています。
そのことで、通行などは一般の道路と同じように利用することが可能です。
ただ、建築基準法における道路の接道との関連では問題が生じることもあります。
住宅を建設する上でガス管や水道管などを設置するとなると、そのための費用を請求することもあるようです。
位置指定道路に面する土地やその土地の建物に関しては、その道路の所有者に利用の承諾書をもらうのが一般的とされています。
承諾書をもらえば、一般の行動と同じような利用をすることが可能になります。

飯田橋エリアに特化した賃貸サイト

神楽坂の不動産・賃貸情報

ペット可+駅近の賃貸物件

四ツ谷エリアのお部屋探しを全力でサポート

トレーラーハウスデベロップメント株式会社

最新記事