新築で購入した住宅でシックハウス症候群が出る

不動産

新築で購入した住宅でシックハウス症候群が出る

昔の日本家屋といえば、まさに木だけで建築されていたとされます。
その他瓦や土壁、漆喰などの素材もありますが、基本的には自然にある材料で作られていました。
今は技術がどんどん進歩しています。
戸建てなら柱は木になるでしょうが、その他の素材で木以外のものが使われることが多いです。
マンションも鉄筋以外にいろいろな素材が使われます。
最近使われるのは、化学素材です。
壁材、防音材、耐熱材などでは化学素材が使われています。
これらの素材を使うことで病状が出るシックハウス症候群が問題になりました。
そこで、建築業界では、問題のある素材に関する取り決めをし、それらを使えないようになっています。
ただ、問題がない素材を使っているから安心なわけではありません。
もし、購入した住宅でシックハウス症候群が出た時にどうなるかです。
マンションなどで、複数戸で同じ症状が出ている場合は、問題があるとされるかもしれません。
しかし、実際には原因を証明するのが難しいとされています。